ウォーターサーバーのお手入れ、自分でできるメンテナンス方法は?

ウォーターサーバーが故障した場合の対処法という記事を書きましたが、故障しない為にできるメンテナンス方法やウォーターサーバーを普段どのようにつかうかを書いていきたいと思います。

ウォーターサーバーの掃除する場所はどこ?

ウォーターサーバーの簡易メンテナンスで掃除する箇所をまとめてみましょう。

お湯・冷水の蛇口部分

一番重要な箇所だと思います。故障の原因にはなりませんが、細菌が一番溜まる場所だと思います。毎日は大変ですから1週間に一度くらいでしょうか。最適な日数はなんとも言えませんので気になる方は毎日。

準備するものはキッチンペーパーとアルコールスプレー。汚れをふき取ってアルコールスプレーで消毒ししっかりとふき取る感じで衛生面はばっちりだと思います。

蛇口部分なんか掃除しなくても全然体に害はないぞ!うち全然掃除していないという人もいるので気にし過ぎはよくありませんが、1週間、1ヶ月等定期的に掃除を心がけたほうが無難かと思います。

消毒用のアルコールはドンキとかに行けば普通に売っています。実は水道の蛇口部分にも菌が良くたまると言われているので、ウォーターサーバーの蛇口の掃除をきっかけに水道水も掃除するとか初めてみてもよいかもしれません。水道は食器洗いとかもしているので、ウォーターサーバーよりも菌がいそうですからね。

水の差し込み口

水の差し込み口は、ウォーターサーバーの種類によって若干変わってきますが、使い捨てタイプもガロンボトル型のものもできれば、飲みきった後に掃除しておきたい個所です。こちらも同様にアルコールスプレーで掃除してあげると良いでしょう。

受け皿

ついているウォーターサーバーとそうでないものがありますが、受け皿がついているウォーターサーバーはこちらも小まめに掃除してあげましょう。コーヒーやカップ麺等にお湯を使っている場合は意外と汚れが目立ちますので忘れずに掃除するかもしれません。

逆に、お料理系に水を使わず、飲み水だけという方の家庭の受け皿は見た目綺麗ですがやはり雑菌が溜まっていることも考えられます。受け皿は基本取り外しが可能なので、洗剤で洗いしっかりと水洗いしキッチンペーパーで水気をふき元に戻すとかでよいでしょう。

裏面にほこりが溜まっている場合

一度ウォーターサーバーの電源をコンセントから抜き取り5分ほど放置してから掃除機で吸いこみます。5分は目安ですのでメーカーによって取り扱いは若干変わってきますが家電製品は静電気などもあるので一度コンセントから抜いたら時間をおくなり、静電気を放電するなりのひと手間は結構大事です。

ウォーターサーバーではないのですが、自宅で使っていたパソコンの修理を自分で行おうとしてこの放電作業をし忘れて完全に故障してしまったことがあります。なので結構大事です。

裏面を放置するのは避けてほしい理由があります。お部屋のお掃除をいつもやっていればそこまで心配はないですが、不衛生な管理をしている方は稀にウォーターサーバーの裏面がゴキブリの温床になってしまったという話も聞きます。

基本的には、ウォーターサーバーの仕様がどうのこうのではなく、お部屋の問題で起きることが多いです。Q&Aサイト等でそういった事例が無いか探ってみたところ、築年数の古い建物に害虫が発生しウォーターサーバーも汚染されてしまったという事例を見かけました。こうった場合は修復不可能ですので、殺虫剤で直接なにかをするのではなく、ウォーターサーバー会社に事情をお問い合わせする事をおすすめします。

良心的なメーカーであれば、無料で取り換えてくれます。但し事情が事情であれば、再設置後また同じ状況になってしまう可能性もある為、次どうするかは検討の必要がありますね。

ほこりは月一くらいやれば十分だと思います。

COPYRIGHT© 災害備蓄用水の準備の仕方を考えてみた ALL RIGHTS RESERVED.