ウォーターサーバーのアース線接続に意味はあるの?

水漏れなどで漏電してしまうことにより感電の恐れが電化製品にはあります。アース線はウォーターサーバーに限らずついているものですが、漏電をアースに逃がす役割を果たします。災害備蓄用水の準備の仕方を考えてみたといった記事など書いていていざという時に役立つウォーターサーバーだけど、普段使っている時に事故起きたら元も子もないよねというのを考えていました。そんな時ふと思ったのがアース線ですよと。

ウォーターサーバーにもついているアース線って具体的にどんなものなのか。そして意味はあるのかなどを解説していきます。

ウォーターサーバーの水漏れ時や故障をしたときにアース線は活躍する

コンセントの下にアース線の取り付ける箇所がある場合はマイナスドライバーを使ってねじを緩め、アース線のさきっちょをねじで固定します。 一番良いのはコンセントにアース線が付いている場合ですが、意外と付いていないコンセントが多いです。

アース線工事が義務ずけられている場所は水気のある場所、湿気の多い場所などで一般家庭の場合、エアコンや電子レンジを使うキッチンなどについています。ウォーターサーバーを置く場所のコンセントにはついていないことが多いかもしれません。ウォーターサーバー自体は湿気があるとかではないですが、水漏れをしてしまった場合等は漏電してしまう危険性はゼロではありません。

でも、絶対にアース線をとりつけてウォーターサーバーなどの電化製品を利用しなければいけないのか?というのは正直どこまでやるべきなのかは不明です。過去の事故でアース線を取り付けていなかった為、火事が起きたとかはほぼみかけませんよね。調べてみたんですが死亡事故等はないようです。(2日くらいがんばって情報を探したのですが、もしあった場合はごめんなさい)

アース線がついているコンセントで必ずある場所と言えば洗濯機などです。洗濯機は水をおもいっきり使いますし、下手をすると水漏れをする可能性は高いです。また、他の電化製品がキッチンと比べあるわけではないのでしっかりと取り付けるケースは高いと思います。私は洗濯機がいきなり故障し大暴れし転倒寸前になって、水漏れを経験したことが合ったのですが、その時は焦りました。アース線にきちんとコンセントを空けて取りつけていたので感電等はありませんでしたけど。実際あれほどの水漏れが起きてしまったら感電していたのだろうなあと。

だから、アース線はできれば取りつけておくことにこしたことは無いのですが、意識的な面で言うとおそらく10人に1人くらいじゃないですか?全ての家電にしっかりとアース線を取り付けている方は。

コスモウォーターのアース線は長いのでキッチン周りなら届く

それで、ウォーターサーバーのアース線はどうすべきなのか?という問題なのですが、できるだけつけましょうね。としか言いようがありません。

一例として、アース線に対しての意識をウォーターサーバー業者がどの程度もっているのか。を調べてみたのですが、コスモウォーターなんかはやっぱりしっかりしていますね。ネットにあった仕様書にもアース線に関してきちんとかかれていました。

線も長めなのでアース線に届かないということはすくなくなるでしょう。

よくウォーターサーバーのやってはいけない事項として、延長コードやコンセントのたこ足配線などがあげられます。アース線はコンセントの下についているものですから、延長コードなんかはそういった理由でも駄目ですよね。

あと、置き場所も良く語られますが、あれもリビング等だと、法律的に水回りの部屋ではないのでアース線がついていないコンセントになるんですよね。

んじゃどうすればよいのさ。。。

実際ウォーターサーバー会社の機械はポンコツではないので取りつけなくても感電する恐れは限りなく薄いと思われますが、気になる方は電気屋さんに工事を依頼することで解決します。一般的には5千~1万円程度とされています。

工事費用の1万円は決して安くは無いので、無難なのは卓上タイプのウォーターサーバーを借りてアース線があるキッチン周りで利用するのが良いかもしれません。

COPYRIGHT© 災害備蓄用水の準備の仕方を考えてみた ALL RIGHTS RESERVED.